本文へスキップ

『フルーツパーラーみしま』は、新鮮な果実を通じて季節を楽しんでいただける果物&パフェのお店です。

電話でのお問い合わせはTEL.089-921-8598

〒790-0004 愛媛県松山市大街道2丁目5-5

果物レポートfruits repot


あまおとめ.

「とちおとめ」と「さがほのか」を掛け合わせて作られた新品種の愛媛県の独自品種である「あまおとめ」は、少ない酸味と高い糖度が特徴で甘みが強いため、小さな子どもから大人まで年齢を問わず人気が高いいちごです。


せとか

とろける甘さと滴る果汁が人気の「せとか」 愛媛の「せとか」は、うまみが濃くやわらかな房の中にたっぷりの果汁。とろけるような果肉。がギッシリ詰まっています。


伊予柑:鮮やかな紅色、甘酸っぱい香り。たっぷりの果汁と、やわらかな果肉。.

伊予柑(いよかん)は明治19年に山口県阿武郡東分村(現萩市)の中村正路氏の園で発見された偶発実生が発祥です。 当初は穴門みかん(あなどみかん)と呼ばれていましたが、明治22年に松山市の三好保徳氏が原木を購入して愛媛県に導入し、苗木を育成して近隣の農家に配り栽培を奨励しました。 やがて松山市周辺に産地が形成され、伊予蜜柑という呼び名で京浜市場に出荷されるようになりましたが、愛媛県産の温州みかんと混同されることから、昭和5年に伊予柑という名に落ち着きました。  その後栽培面積が増加し、枝変わりから宮内伊予柑が発見されて広く栽培されるようになると、従来の伊予柑は普通伊予柑と呼ばれるようになりました。宮内伊予柑は、昭和30年に松山市平田町の宮内義正氏の伊予柑園で発見された枝変わりで、昭和41年11月に種苗名称登録されています。

伊予柑の特徴

・口の中に広がる甘さと酸味、香りが最高です。
・とっても果汁が多く、ジューシィーです。
・タップリの甘い果汁と、酸味とのバランスが絶妙です。
みしま果物店が厳選した、四季折々の果物を全国発送いたします。 お世話になっている先生や、先輩に。ご家族がおられる方なら量的にも満足していただけます。 せっかくの機会だからこそ、たっぷりと満足してもらいたいですね☆ みしま果物店の伊予柑は、松山中央市場の中でも最上級の生産者から仕入れを致しております。

興居島(ごごしま)

興居島(ごごしま)とは、瀬戸内海に浮かぶ、愛媛県松山港の沖合いの有人島です。
面積は8.49平方キロメートル、人口は約1800人。みかんや伊予柑の隠れた名所でもあります。
興居島へは松山の高浜港からフェリーで焼き10分から15分という、気軽に行ける場所にあります。
周辺の島々と比べると大きく、歩いて回るのは少し厳しいので、自転車の持込みをオススメします♪
夏には海水浴や釣りなどマリンレジャーを楽しむには絶好のスポットで、毎年10月に行われる舟踊りも有名です。


.甘平(かんぺい)

1月下旬から2月が食べごろの『甘平』は、愛媛県立果樹試験場が育成した新品種の柑橘です。果実は扁平ながら豊満でハリがあり、果肉は適度に甘くシャキッとした歯ざわりは今までの柑橘にはないユニークな食感です??また、果皮が極めて薄く、温州みかんのようにむきやすいうえ、内皮も薄くて種がなく、まるごと美味しい愛媛の柑橘のニューフェイスです。



あけましておめでとうございます.

今年も“フルーツパーラーみしま”をよろしくお願い致します。 本日、2日より元気に営業しております?? どうぞ今年もよろしくお願いいたします
2月2日11時-15時
2月3日11時-15時
2月4日11時-18時


フルーツオードブル.

本日は、ご予約のお持ち帰りのフルーツの盛り合わせをお作りしました(お客様からでみかんを入れる)


クリスマスフルーツ


いちごのタワー.

いちごを積み上げ、つくりました??人参にイチゴを爪楊枝で飾り付けました。


クリスマスフルーツオードブル.

クリスマスパーティーに、フルーツオードブルはいかがですか?? パーティを華やかに演出するフルーツオードブルや、季節のフルーツを中心に、フレッシュなフルーツをカットして色とりどりに盛り合わせました



愛媛みかんソフト.

愛媛みかんソフトえお始めました。
極上のみしまのソフトクリームと極上の愛媛みかんをご賞味ください。


フルーツパーラーみしまのいちごフェアー.

いちご好きの皆さん、今年も「フルーツパーラーみしまのいちごフェアー」の時期がやってきました! 最高級の甘いイチゴを存分に楽しんで下さい。 12月1日~始めます。


クリスマス・フルーツオードブル.

クリスマス・フルーツオードブル ¥3500(税込)
季節のフルーツを中心に、フレッシュなフルーツをカットして色とりどりテーブルを明るく飾りませんか?
美味しさと華やかさでパーティを彩ります。
参考:5~6人分
器の直径:32cm
*写真は一例です。


王秋梨(おうしゅうなし)

王秋梨(おうしゅうなし)
10月下旬の収穫で果形は、ラグビーボールの様な楕円形で晩生種の中では、糖度が高く肉質も優れしかも日持ちが良くて常温で年内ぐらい貯蔵が可能である。


紅まどんな .

紅まどんな 赤秀 3Lサイズ:10玉入り
『紅まどんな』は、糖度や酸などの基準を満たした果実のみに名称使用が認められている高級柑橘です。 「紅まどんな」の最大の特徴はまるで「ゼリー」のようにとろける食感。
酸味は控えめで食べやすいので、どなたにも喜んでいただける人気のみかんです。これまでの柑橘にはなかった、“ぷるぷる✨”の果肉が「紅まどんな」最大の魅力です。
入荷状況によってお待ちいただく場合もございます。


ラ・フランスデザート

ラ・フランスパフェ
ラ・フランスの下はヨーグルト・パイナップル・メロン、ラ・フランスの歯応えと舌触りをお楽しみください。ヨーグルトとラ・フランスの相性は抜群!!


ラ・フランスのスムージー
ラ・フランスと生乳ソフトをヨーグルトでブレンド☆ラ・フランスのやさしい味とさっぱりしたヨーグトの味を凝縮したドリンク。



ラフランス 
果物の女王と呼ばれるラ・フランス。その食感は、舌にの残るザラザラ感がなく、なめらかで、糖酸のバランスがとれているためか、味に深いコクがあります。
室温のまま保管し、軸の周りがやわらかくなったら食べごろになり、そこで冷蔵庫で冷やして食べると美味しい洋梨です。


刀根柿(とねがき)内子産 太秋柿(たいしゅうがき)西条産 .

刀根柿(とねがき)内子産 果実は平核柿よりもやや大きく、肉質は柔軟多汁で種はありません。 渋抜きした後の食味は極上な上、甘味も強い柿です。

太秋柿(たいしゅうがき)西条産   大きさ・味・食感、すべてに優れた太秋柿です。 一口かじると口の中に広がる甘さと、梨のようなシャキシャキとした食感!


柿のおいしい食べ方.

秋を代表する果物といえば柿! 柿は、まずヘタを包丁で取り除き、回りの皮をリンゴのように剥くか、先に4等分などに切ってから回りの皮を剥きます。


バートレット.

室温のまま保管し、軸の周りがやわらかくなったら食べごろになり、そこで冷蔵庫で冷やして食べると美味しいんです。


大街道10月イベント.

大街道イベント
10月 1日(土) 三越70周年イベント 吹奏楽
10月 1日(土)・2日(日) アエル松山1周年イベントポップアップショツプAEL
10月1日(土)・2日(日)・3日(月)松山全日空ホテルAVA ・ アエル松山・大街道・ 松山三越共同抽選会「一番町・大街道へ行こう!!」 キャンペーン
10月 2日(日)大街道パン&ハンドメイドマーケット
10月5日(水) 秋祭り 宵宮
10月6日 (木) 三越70周年イベント もちつき
10月6日(木) 15:00分~ 番町みこしパレード
10月7日(金) 秋祭り 本宮
10月7日(金)~9日(日)アエル松山1周年イベント ビアカー(EL CAMION)出店
10月15日(土)・16日(日)アエル松山1周年イベント ポップアップショツプAEL
10月15日(土)・16日(日)みんなの生活2016


早秋柿(そうしゅうかき).

柿のおいしくなる季節になりました。
見た目は、丸みを帯びた扁平型で鮮やかなオレンジ色の柿で、果肉はやや柔らかめで果汁が多く、甘味が強いのが特長です。


梨のおいしい食べ方.

★梨のおいしい食べ方 ■食べる1~2時間くらい前に冷蔵庫に入れ、冷やして食べると美味しく召し上がることができます。 ■梨の皮は薄くむくようにしてください。実は、実と皮のわずかな隙間に甘みの強い場所があります。


富良野すいか.

富良野市で育った「すいか」は北海道特有の気温だけじゃなく 「根」にストレスを与えない有機肥料で育てているので極上の甘みを持っています。その甘さは?というとなんと糖度12度以上!


梨の効能.

梨の成分は、90%近くが水分で、ビタミン類はいずれも少量ですが、カリウムや食物繊維、アスパラギン酸を含んでおり、古くから東洋医学では便秘対策や解熱、疲労回復にGOOD!!


バートレット.

果汁が多く果肉はなめらかで、甘みと酸味が調和した濃厚な味わい。さわやかな芳香もあり、風味のよい西洋梨です。


イチジク.

イチジクは果物の中では鉄分が多いため、鉄分が不足していることから起こる女性に最も多いとされる鉄欠乏性貧血の予防・改善も役立ちます。


216年09月06日
Autumn fair 2016 fruits parlor mishima

柿のパフェ
やさしい食感のパフェ。瑞々しさと甘さににニッコリ☆
あま~い柿にノックダウン!!

無花果(イチジク)パフェ
コクのある生乳ソフトクリームにいちじくのプチプチ感、やさしい甘さの相性はカラダにも嬉しいパフェ!!

梨のパフェ
梨のシャリシャリ・サクサクの歯ごたえをお楽しみあれ!!後味さっぱり爽やかなパフェ

葡萄ジュース
ブドウをまんま食べてる感じのお味。
スッキリごくごく飲みやすいので癖になるオススメジュース。


2016年06月08日
マンゴーフェアー

*マンゴーパフェ
マンゴーファンの皆さまお待たせしました! 素材の味をおもいっきり楽しめて、気付いたら器は空っぽに。ヨーグルトの酸味がさわやかなパフェ☆

*マンゴーソフトパフェ
マンゴーファンの皆さまお待たせしました! 素材の味をおもいっきり楽しめて、気付いたら器は空っぽに。ヨーグルトの酸味がさわやかなパフェ☆

*マンゴーラッシー
マンゴー特有のとろみと濃密な香りを残し、コクがあるのにさっぱりとした後口がgood!

 


2016年06月03日
スイカソフトパフェ

季節限定のスイカソフトパフェ。
スイカ好きにはたまらない♪スイカのサクサク食感がベストマッチ。


2016年05月19日
アボカドパフェ

アボカドは「森のバター」と称される通り、脂肪分が多いのも特徴です。果肉の脂肪分はなんと20%近くもありますが、この脂肪分は血液をサラサラにしたり、コレステロールを減らす作用がある不和脂肪酸が主体なので健康的です。


2016年05月09日
愛媛県産 ニューサマーオレンジジュース

レモンジュースに近い味ですが、しっかり甘くそれでいてサッパリした後口です。爽やかな美味しさが喉を駆け抜ける感じがたまらなく爽快です。


2016年04月27日
期間限定 メロンソフトパフェ

メロンのさっぱりとした甘さと、濃厚な生乳ソフトクリームの甘さが絶品。


2016年04月25日
レッドメロン 茨城産

茨城県は、作付け面積、収穫量とも日本一のメロン産地です。今出回っている春メロンは、緑内ではアンデスメロン中心にオトメメロン、タカミメロンなどがあり、赤肉ではクインシーメロンなどがあります。

2016年04月25日
ニューサマーオレンジ 愛媛県 西宇和

ニューサマーオレンジは4月中旬から6月頃に収穫され、色鮮やかなレモンイエローの外皮に包まれており果肉は!
ジューシーで爽やかな酸味があり果肉を包む白皮にも、甘みがある柑橘系果実です。

①外皮をリンゴを剥くように、薄くむいて、内側の白皮を
なるべく多<残すように皮を剥きます。外皮は硬いので簡単にできますよ。
ここがポイント!
白い綿状の内皮をなるべく残す。

②実の芯を残して、中心から外に向かつてそぐように切ります(白皮はそのまま)芯は他の柑橘より、柔らかく食べても気にならないでしょう。  
白皮をつけたまま皿に盛り付けお召し上がりください。


2016年04月25日
アムスメロン 熊本産

濃い緑色の果面に縦に筋が入って、他のメロンに比べみかけは劣りますが、しっかりした厚い果肉に、とろける果汁がつまって、甘く感じられるメロンです。
熊本産は、果実の中に甘い果肉がたっぷり詰まっていて、アムスメロンの本来の美味しさを楽しめるメロンです。


2016年02月01日
せとか

せとか
「せとか」は、芳醇な甘い香りと濃厚な甘さ・あふれる果汁で近年大人気の新柑橘です。「清見×アンコール」と「マーコット」を交配して誕生しました。
また、皮が薄くて食べやすいことでも人気があります。
2001年に品種登録され全国に自信を持って誇れる「まつやま農林水産物ブランド」にも認定されています

   

2016年01月24日
伊予柑 興居島(ごごしま)

さて【宮内伊予柑】のおしい季節を迎えました。
まだ冬の寒い最中、春を運ぶトップランナーの豊かな風味をお楽しみ下さい。
鮮やかな紅色、甘酸っぱい香り。たっぷりの果汁と、やわらかな果肉。
みかんと並び代表的な柑橘で、大玉の果実で甘く、香りも良い柑橘です。
お世話になっている先生や、先輩に。ご家族がおられる方なら量的にも満足していただけます。
せっかくの機会だからこそ、たっぷりと満足してもらいたいですね☆

みしま果物店の伊予柑は、松山中央市場の中でも最上級の生産者から仕入れを致しております。


2016年01月09日
スウィーティー

グレープフルーツよりも酸味が少なく、口当たりの良い甘さにまたまたびっくり。そうなると色の青さは「未熟」のイメージから「清涼感」に変わります。 イスラエルから入荷するものをスウィーティーと呼び、同じ品種でもアメリカ産のものをオロブロンコといいます。


2016年01月09日
甘平(かんぺい)愛媛産

 
1月下旬から2月が食べごろの『甘平』は、愛媛県立果樹試験場が育成した新品種の柑橘です。果実は扁平ながら豊満でハリがあり、果肉は適度に甘くシャキッとした歯ざわりは今までの柑橘にはないユニークな食感です。また、果皮が極めて薄く、温州みかんのようにむきやすいうえ、内皮も薄くて種がなく、まるごと美味しい愛媛の柑橘のニューフェイスです。
しかも愛媛県内でのみ栽培が認可されている品種で、栽培の難しさから未だ栽培方法も確立されていません。生産農家が少数、 そして、実が生っても果肉の成長に外皮がついて行けず実が割れてしまう可能性が高く収穫量が極めて少ない希少なみかんです。

2015年11月06日
興居島みかん

*愛媛みかんの美味しい季節になりました!!
全国一の生産量とその品質と味の良さは折り紙つきです。
温かい太陽と瀬戸の汐風、恵まれた自然条件と生産者のたゆみない努力が美味しいみかんを誕生させました。
興居島みかんは、愛媛県松山市の沖合に浮かぶ小さな島。
そこで採れたみかんを『興居島みかん』と呼びます。

興居島みかんの美味しさポイント
① 今では少ない 個人選果方式
現在、多くの産地が機会を使っての選別=共同選果ですが、興居島みかんは、農家さんが直接目で確かめての個人選果を行なっています。
② 1つ1つ手作業の愛情がこもっていますじっくり個人選果されたみかんは、1つ1つ手作業で磨かれて丁寧に箱詰めされています。
③ 生産から出荷まで統一した安心感生産から出荷までを農家個人で行なっている為、均一な品質が保たれています。


2015年11月06日
あまおとめ 愛媛産

「あまおとめ」は愛媛県農林水産研究所が開発し、愛媛県だけで栽培されることが許された品種。
これも数量が少ない理由ですが、温暖で日照条件が優れた気候の愛媛だからこそ作ることができました。

酸味が少なく、と~つても甘い!つやつやとした果肉で香りが良く、見た目にもおいしそうな「あまおとめ」は、酸味が少なくて。
とっても甘いいちご。一度味わってしまうと、今まで食べていたいちごが物足りなくなってしまうほどなんです。
しかも、粒も大きいから食べごたえも充分。



2015年11月06日
富士柿

昭和2年愛媛県八幡浜市で弁上三郎左工門の蜂屋柿から、着色が早い大果型の変異が発見されました。これが富士山のように大きな形であったことから「富士柿」と命名されました。
釣り鐘の形をした大きめの不完全渋柿で、大きいものだ500g以上になります。

「富L柿」は、釣り鈍の形をした不完全渋柿です。独自の製法と長年の経験で渋柿をけ柿に脱渋し、柿本来の旨味を引き出しています。
富山のように大きな形をしていることから「富LE柿」と命名されました。  ・
大きいものだと500gになるものもある日本一大きい柿です。

食べ方
①初めはコリコリまろやかな味。
  
②少し熟すとしっとりとしたけみでマンゴ、の様な食感。 
  
③完熟させてゼリー、凍らせてシャーベットに!


2015年10月16日
南水梨 愛媛県産

南水梨は、「越後」と「新水」の二つの梨を交配して作られた赤系の梨です。
大玉にもかかわらずその甘ささが魅力です。
姿、形は他の梨に比べ高さが低く、横広の梨です。お味は他のどの梨よりも甘く、水分も豊富です。


2015年10月16日
太秋柿 愛媛県産

果実は、400g近くにもなる、かなり大きい柿です。
そして、この大きな柿が、びっくりしちゃう甘さとサクサク感で絶品絶品です。果肉は、果汁がたっぷりで、ジューシーな柿です。
柔らかくなった柿は、プルンプルンのゼリーみたい。見事な味わいを醸し出します。


2015年10月16日
新高梨 大分産

マスクメロンほどにもなる大きさと、糖度の高さもさることながら、梨特有のさっぱりとした後味の良さ、風格に引けを取らない香りの高さが特徴の梨の王者と呼ぶにふさわしい逸品です。
水分たっぷりで、光センサーで糖度管理されていますシャキシャキ感もあります。
農林水産祭天皇杯受賞♪贈り物に喜ばれています♪.


2015年09月11日
シヤインマスカット 愛媛産

「シヤインマスカット」は学名「ブドウ安芸津21号」(「スチューベン」×「マスカットオブ・アレキサンドリア」)に「白南」を交雑して育成した大粒で食味良好な品種です。


2015年09月7日
刀根早生柿 和歌山産

和歌山県産のハウスの「刀根早生柿」
四角い形で、光沢のあるオレンジ色。柿らしい柿!
果肉はほどよい硬さで甘味が強く、種がないのでとても食べやすい柿。


2015年9月7日
エスティバル 山形産

洋梨 エスティバル 山形産
この洋梨エスティバル。知らない方が多いと思いますが、意外に美味しいんです。このエスティバルは、真夏に出荷されます。
見た目はラ・フランスとほとんど同じぐらいの大きさ、ひょうたん型。


2015年06月30日
温室みかん(ハウスみかん)

温室みかんとは、温室栽培によって生産する温州みかんです。
冬に出回ろみかんよりも、まろやかでコクがあって濃厚な甘味が特徴の温室みかん。
温州みかんの出荷最盛期の冬場にじっくりと時間と手間暇をかけて栄養を溜めて5月~8月頃までが収護時期になります。
温室みかんと冬の露地みかんは同じ温州みかんですが、甘味や食味は全く違っています。
それは、温室施設の中でみかんが甘くなる環境を作り出しているからです。
柑橘栽培の高い技術と、生産者の知恵と技術によって、果肉がとろりと柔らかく、甘みが濃く、果皮が薄い温室みかんが作られています。


2015年06月26日
ソルダム

すももの中でも″大石早生″に次いで二番目に多く栽培されている品種がこの″ソルダム″。
珍しい緑色の皮は一見とっても酸っぱそうですが切ってみると中身は真っ赤!甘酸の調和されたジューシー果汁は味がしっかリ感じられて実に美味です。

熟すると共に緑の果皮は赤く染まってゆき、酸味が抜けて全体にまろやかな甘みになります。
熟の変化ごとに味わうのも一つの楽しみ方♪やや硬めの果肉は食べごたえがあり、プラムの中でも日持ちする品種とされています。


2015年06月26日
はなよめ 山梨産

いちばん早い露地栽培の超早生品種です
露地栽培の桃としては最も早い6月下旬に収穫~出荷が始まる品種です。
極早生品種は一般的に糖度が乗りにくいとされていますが、この『はなよめ』は糖度が非常に高く、食味も抜群なため、露地栽培の桃を早くお召し上がりになりたい方々にとても人気があります.


2015年04月23日
ニューサマーオレンジ 愛媛産

爽やかな名前のニューサマーオレンジは、その名の通りさっぱりとしたおいしさが魅力です。 果肉は明るい黄色。果皮は厚いですが、あまり堅くないのでりんごのようにナイフで皮を剥き、果肉と一緒にスライスして食べるのが特徴的です。 果皮内側の白い部分には苦みがなく、果肉は柔らかく、多汁で独特の清涼な風味があります。 栄養 ビタミンCを多く含んでいるので、一日一個食べれば、ほぼ必要量を摂れたことになります。体内の乳酸を分解して、エネルギー作りの補助をするクエン酸も、温州みかんの倍も含まれています。また、白皮には食物繊維が豊富に含まれています。


2015年04月19日
宮崎県産完熟マンゴー

宮崎完熟マンゴーの歴史
宮崎マンゴーは、昭和60年(1985年)JA西都からはじまりました。数名の生産者の夢と志のスタートでありました。昭和61年に2戸、翌62年に8戸が栽培を始めましたが苦難の連続。果実に黒斑が入る病害に悩まされ8年程は無収入状態でした。ところがあるとき自然落下したマンゴーを食べてみたら、これまでにない美味しさを発見。そこから西都独自のネットを使った完熟マンゴーづくりに取り組み、糖度15度以上という厳しい基準をクリアしたものだけにつけることができるブランド「太陽タマゴ」を開発したのでありました。


2015年01月27日
せとか 愛媛産

「せとか」は「清見」に「アンコール」を掛け合わせたものに、更に「マーコット」を掛けて育成された、平成10年に品種登録されたばかりのニューフェイス・フルーツです。
「清見」は「宮川早生」と「トロビタオレンジ」を掛け合わせたもの、「アンコール」は「キング」と「地中海マンダリン」を掛け合わせたもの、「マーコット」は起源は明らかではありませんが、アメリカで育成されたみかん類とオレンジ類の交雑種です。「せとか」はそれぞれのいいとこどりで生まれた新品種。皮が薄く、果汁たっぷり、独特の魅惑的な風味が特徴です。
基本的には隔年にしか実をつけないため、少しばかりお高めのフルーツとなっていますが、それだけの価値がある柑橘界の最高峰と言われています。


2015年01月27日
デコポン 愛媛産

デコポンは優しい香りを持つポンカンと、清々しい甘酸っぱさを持つ清見オレンジとのかけあわせで生まれたカンキツです。
内皮ごと食べれるので、食べやすくて、ビタミン豊富な体に良いフルーツです。
フルーツの女王と呼ばれるくらい糖度が高く、濃い食味と独特の風味を持ったジューシーなデコポン(不知火)は、清見とポンカンを交配させて育てられた優良種です。
デコポンは温度の高いところに放置すると果皮がしおれやすくなるので10度以下の場所に保管するようにしましょう。


2015年01月27日
ネーブル 愛媛産

見た目は「普通オレンジ」のようですが、果実の果頂部に「へそ」があるのが特徴。アメリカからの輸入品は「ワシントンネーブル」という品種が多く、果肉は多汁で甘味が多く、香りも豊かです。じょうのう膜(袋)が薄くてやわらかく、種もないのでそのまま食べられます。果重は200~250gくらいで、輸入ものは11~4月頃、国内産は2~3月頃が旬。


2015年01月15日
伊予柑(いよかん) 愛媛産

伊予柑(いよかん)は明治19年に山口県阿武郡東分村(現萩市)の中村正路氏の園で発見された偶発実生が発祥です。 当初は穴門みかん(あなどみかん)と呼ばれていましたが、明治22年に松山市の三好保徳氏が原木を購入して愛媛県に導入し、苗木を育成して近隣の農家に配り栽培を奨励しました。 やがて松山市周辺に産地が形成され、伊予蜜柑という呼び名で京浜市場に出荷されるようになりましたが、愛媛県産の温州みかんと混同されることから、昭和5年に伊予柑という名に落ち着きました。  その後栽培面積が増加し、枝変わりから宮内伊予柑が発見されて広く栽培されるようになると、従来の伊予柑は普通伊予柑と呼ばれるようになりました。宮内伊予柑は、昭和30年に松山市平田町の宮内義正氏の伊予柑園で発見された枝変わりで、昭和41年11月に種苗名称登録されています。


2015年01月15日
甘平(かんぺい)愛媛産 

1月下旬から2月が食べごろの『甘平』は、愛媛県立果樹試験場が育成した新品種の柑橘です。果実は扁平ながら豊満でハリがあり、果肉は適度に甘くシャキッとした歯ざわりは今までの柑橘にはないユニークな食感です。また、果皮が極めて薄く、温州みかんのようにむきやすいうえ、内皮も薄くて種がなく、まるごと美味しい愛媛の柑橘のニューフェイスです。
しかも愛媛県内でのみ栽培が認可されている品種で、栽培の難しさから未だ栽培方法も確立されていません。生産農家が少数、 そして、実が生っても果肉の成長に外皮がついて行けず実が割れてしまう可能性が高く収穫量が極めて少ない希少なみかんです。


2015年01月8日
晩白柚(ばんぺいゆ)熊本県産

熊本県の特産物で、身はみずみずしく、柔らかで香りが良い果物です。
皮がとっても分厚いので、砂糖漬けにするそうです。
とにかくでっかいので、みなさんビックリされます。柑橘類の中では最大級で、世界最大とも言われています。直径は20~25cm、重量は1.5~2.5kgにもなり、大きい物だと3kgを超える物もあります。
「柑橘類の王様」と呼ばれる晩白柚は、香りがとてもよく、鼻を近づけると、やんわりとした甘酸っぱい香りがする。
バンペイユ(晩白柚)は皮が非常に厚く、表皮の内側に柔らかい綿のような部分があり、果肉はもとの大きさかすると小さく感じます。
晩白柚は保存性が高く、皮が柔らかくなり、食べごろになるまで部屋で観賞用兼芳香用として1ヶ月間ほど置いておける。

店舗イメージ

shop info.店舗情報

フルーツパーラーみしま

〒790-0004
愛媛県松山市大街道2丁目5-5
TEL.089-921-8598
FAX.089-921-8598
営業時間
10:00~19:00

水曜日
11:00~18:00